レンガで作られた家

大切な外壁塗装の色選び

一戸建て住宅

外壁塗装は、家を長持ちさせる為には、必ず行わなければなりません。行う目安としてはにだいたい建設してから早くて10年後、長いと20年後などに行うのが一般的です。この長さの違いは、家を建てる際に使用している材料の違いになります。最近の材料では、汚れがつきにくく、また、汚れがついた場合も落ちやすいといったものもたくさんでています。また、費用は高額になりますが、外壁にタイルが貼られていると、汚れが目立たないため、外壁の塗り替えというメンテナンスを行わなくても良い場合もあります。しかし、パッキン部分は痛んでくるので、そこのメンテナンスは必要となります。
さて、外壁塗装する際は、外壁の色を新しく選ぶことができます。だいたいの家は、これまでと同じ色で塗装するのですが、たまに、一般的ではない奇抜な色に変える家もあります。しかし、こういった奇抜な色に変えると、個性が出て、素敵かもしれませんが、万が一家を売却しなければならなくなった場合に、非常に買い手がつきにくくなるというデメリットがあります。また、出来上がりと、想像していたイメージが全然違ったという失敗例もよく耳にします。その為、外壁塗装は無難な色で納める人がほとんどです。

外壁塗装と塗料に関するお話

一軒家

外壁塗装では当然ながら塗料を使います。そしてその外壁塗料の際に使われる塗料というのは一つのみではなく、いくつも種類がありその中から一つ自分で選ぶ必要があります。選ぶ時には、やはりそれぞれの塗料の特徴を知っていないと、いざ選ぶという時には少し選びにくいと言えるでしょう。なので、これから外壁塗装に使われる塗料の種類や特徴を簡潔に説明をします。まず塗…

神戸市での外壁塗装の適正金額について

白い外壁の家

神戸市で業者に外壁塗装をお願いする時、業者によって同じ塗料を使うにしても料金は大きく異なる事が多いです。そのため、どれが適正金額なのかわからないという声も多いです。神戸市での外壁塗装の適正金額はどの程度なのか、これから解説をしていきたく思います。実際のところ、外壁塗装の適正金額というのはあってないようなものです。というのも、塗料自体の価格という…

TOP