レンガで作られた家

外壁塗装は腕の良い職人さんにお願いしたい

職人さんの腕が良いと、頼む側も出来栄えのよいことに安心するものです。外壁塗装をする際にも、腕の悪い職人さんではなくて腕の良い塗装職人さんに行って頂きたいと思います。
最近は外壁塗装にローラーを使い行うことが多いのです。刷毛で外壁塗装するよりも、ローラーでの外壁塗装は腕のよし悪しがあまりでないのです。
外壁塗装にも、職人歴というものは関係するものです。塗装をするにも、丁寧に行う人とそうでない人との違いは感じることなどあるかも知れないのです。タイルをはる職人さんやブロックを積み上げる職人さんなども、私は雑な職人や丁寧な職人さんからの仕上げを経験しました。やはり丁寧にする職人さんは仕上がりは最高のものとし、話し方なども素人の頼む側に対して丁寧に解りやすい言葉づかいをするものです。塗装業者を選ぶことをしますが、職人さんまでもは選ぶことなどまではしないで外壁への塗装となります。
この様なご心配等しない為にも、外壁の工事中には見積書通りに出来上がっているかと疑うことも大切です。塗装業を営むにも、許可や資格がなくてもできるのです。外壁の塗装にも手抜き工事だけは、してもらいたくないものです。使う塗料の効果を最大にいかした外壁の塗装は、費用をだしても得した気分となるのです。

外壁塗装で気をつけると良い事

外壁塗装というのはお金がかかるリフォームになります。しかしながら、家のメンテナンスのためにも定期的に行わないといけないものでもあります。高いからと先延ばしにしてしまう事で、家のデメリットになりより大きな修繕の必要性が出て来てしまうかもしれません。それを考えると、やはりしっかりと定期的にやってしまうのが一番であると言えるのではないでしょうか。そしてこの外壁塗装には、いくつかの気をつけると良い事があります。それらを全て紹介致します。
外壁塗装で気をつけると良い事は、塗装の時期、業者選び、塗料選び、色選びの四つになります。まず塗装の時期に関してですが、一般的には家を建ててから10年程度が目安になります。そこからは選ぶ塗料によって耐久年数が変わってきます。高い塗料は長く持ちますが安いものだと数年しか持ちません。なので塗料選びは価格と耐久性のバランスを考えて選びましょう。業者選びに関しても、酷いところだと手抜きで3度ぬりのところを1度しかやってくれないなど手抜きをされるケースも稀にあります。信頼できる業者を吟味して選べばそういった事はおこりませんから、気をつけてみてください。
これらを意識すれば、失敗せず外壁塗装ができるでしょう。

外壁塗装は料金だけで決めてはいけません

新築の家を購入した場合、外壁塗装は、だいたい10年目から20年目で行うのが一般的です。だいたい10年以上たってくると、雨や風などで外壁が汚れてくるのはもちろんのこと、耐久性もなくなってきます。また外壁の壁のすきまをうめているパッキンも劣化してくるため、雨漏りなどの心配も出てきます。
外壁塗装は100平米程度の一軒家の場合、だいたい150万円以上はかかるのが一般的でしょう。とても高く感じますが、費用の中には、外壁を塗装する際の塗料代はもちろんのこと、外壁を塗装する際に組む、足場の代金、こちらはだいたいどこの施工会社も外注になるので高くなります。また、塗装が終わるまでの人工代、など、たくさんの経費が入っています。ここで気をつけなければいけないのは、どこの会社に頼むかです。外壁塗装などをするリフォーム会社には安い材料を使い、適当に塗装しておいて、高い利益率で請求してくる悪徳業者が多くいます。
外壁塗装を考えたら、まずは様々なところに見積もりを頼み、しっかりした説明ができる会社、そして、口コミなども参考にして、本当に信用できる会社にお願いするようにしましょう。安いからなどの理由だけで決めてしまうのはとても危険です。

外壁塗装と塗料に関するお話

一軒家

外壁塗装では当然ながら塗料を使います。そしてその外壁塗料の際に使われる塗料というのは一つのみではなく、いくつも種類がありその中から一つ自分で選ぶ必要があります。選ぶ時には、やはりそれぞれの塗料の特徴を知っていないと、いざ選ぶという時には少し選びにくいと言えるでしょう。なので、これから外壁塗装に使われる塗料の種類や特徴を簡潔に説明をします。まず塗…

神戸市での外壁塗装の適正金額について

白い外壁の家

神戸市で業者に外壁塗装をお願いする時、業者によって同じ塗料を使うにしても料金は大きく異なる事が多いです。そのため、どれが適正金額なのかわからないという声も多いです。神戸市での外壁塗装の適正金額はどの程度なのか、これから解説をしていきたく思います。実際のところ、外壁塗装の適正金額というのはあってないようなものです。というのも、塗料自体の価格という…

TOP